ORACLE機能

[ORACLE] 副問合せをまとめる(WITH句)

投稿日:2022年7月7日 更新日:

WITH句を使うと副問合せの定義に名前をつけて使用できます。

副問合せをつかったSQLはごちゃごちゃしがちですが、スッキリさせることができます。

サンプル

例)PRICEが100以上のM_ITEMへの副問合せをWITH句で外出しする

m_itemとWITHに指定した副問合せmを結合しています。

解説

  • WITH句の事を、共通テーブル式と呼ぶこともあります。
  • WITH句は標準のSQLでも定義されている書式なので、オラクル以外のDBでも基本的に使用できます。
  • WITH句の箇所に副問合せの内容を記述して、以降のSQL文ではWITH句に指定した名称でアクセスできます。
  • 同じ条件の副問合せを複数結合する場合など便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク