ORACLE機能 SQL*Plus

[PL/SQL] 二重ループを抜ける

投稿日:2017年10月20日 更新日:

二重ループを抜けるには、ラベルを使うと便利です。

構文

(ラベル構文)
<<ラベル名>>

ラベル名を「<<」と「>>」で囲えばOKです。

サンプル

例)二重ループを抜ける

実行例
SQL> / 1-1 1-2 1-3 2-1 2-2 2-3 PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEでコンソールに出力するには、事前に「set serveroutput on」コマンドを実行しておく必要があります。

解説

  • LOOPの直前にラベルを設置して、抜けたい箇所で「EXIT <ラベル名>」とすればループを抜けることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-08002: 順序XXX.CURRVALはこのセッションではまだ定義されていません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-08002: 順序XXX.CURRVALはこのセッションではまだ定義され ...
ORACLE

[データディクショナリ] コメント情報を取得する

テーブルやビューに付けられたコメントを参照するには、 TAB_COMMENTSデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルから主キーを削除する

テーブルから主キー(プライマリーキー)を削除するには、 ALTER TABLE~DROP PRIMARY KEY句を使用 ...
ORACLE

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル 以下2つのサンプルは同じ動きをします。 ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得する

オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得するサンプルです。 オラクルサーバのバージョンを取得する サーバ側のバージ ...

スポンサーリンク