ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 配列(NESTED TABLE)の要素数を取得する(COUNT)

投稿日:

配列(NESTED TABLE)の要素数を取得するには、COUNTを使用します。

サンプル

例)NESTED TABLEの要素数を取得する

実行例
SQL> exec p_sample 要素数:10 一番初めのインデックス番号:1 一番最後のインデックス番号:10 要素数:7 一番初めのインデックス番号:2 一番最後のインデックス番号:9 PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL>

実行前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

メソッド

上記サンプルのメソッドについてです。

.COUNTコレクションの要素数を返す
※要素が1件も無い場合は0が返る
.FIRST最初に要素が存在するインデックス番号を返す
※要素が1件も無い場合はNULLが返る
.LAST最後に要素が存在するインデックス番号を返す
※要素が1件も無い場合はNULLが返る

解説

  • COUNTは、NESTED TABLEで初期化された要素の件数を取得します。
  • なので、上記サンプルのように最後のインデックスとCOUNT数は一致するとは限りません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] sysdateから年月日のみ取得する

sysdateから年月日のみ取得するには、sysdateをTRUNCします。 サンプル 例)年月日のみのsysdateを ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのデフォルト表領域を確認する

ユーザのデフォルト表領域を確認するSQLです。 サンプル 例)ユーザ「taro」のデフォルト表領域を確認する [cray ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル列定義とコメントを表示する

テーブル列定義とコメントを表示するSQLです。 サンプル 例)テーブル「M_USER」の列定義とコメントを表示する [c ...
ORACLE

[SQL*Plus] オラクルにログインする

SQL*Plusでオラクルにログインするには、sqlplusコマンドを使用します。 構文 (sqlplusコマンドの構文 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の前後空白を取り除く(TRIM, LTRIM, RTRIM)

文字列の前後空白を取り除くには、TRIMまたはLTRIMまたはRTRIMを使用します。 前後の空白を取り除く場合はTRI ...

スポンサーリンク