ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ユーザをロック状態にする

投稿日:2018年1月1日 更新日:

明示的にユーザをロック状態にするサンプルです。

サンプル

例)ユーザ「taro」をロック状態にする

SQL*Plus
SQL> alter user taro account lock; ユーザーが変更されました。

※ユーザのロック状態は以下のように確認できます。

例)ユーザ「taro」のロック状態を確認する

SQL*Plus
SQL> select username, account_status from dba_users where username = 'TARO'; USERNAME ACCOUNT_STATUS ---------- -------------- TARO LOCKED

OPEN:有効 LOCKED:ロック中 EXPIRED:有効期限切れ

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 値をマスキングするSQL

値を隠すためにマスキングするUPDATE文のサンプルです。 サンプル 例)m_userテーブルのaddress列の1文字 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルから主キーを削除する

テーブルから主キー(プライマリーキー)を削除するには、 ALTER TABLE~DROP PRIMARY KEY句を使用 ...
ORACLE

[ORACLE] 制約名を変更する

制約名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME CONSTRAINT句を使用します。 構文 (制約名を変更す ...
ORACLE

[SQL*Plus] 実行したSQLをファイルに出力する(save)

実行したSQLをファイルに出力するには、saveコマンドを使用します。 構文 (構文) save <ファイル名> [RE ...
ORACLE

[ORACLE] デフォルトの日付フォーマットを確認する

オラクルで使用されるデフォルトの日付フォーマットを確認する方法です。 DATE型のデフォルトフォーマットを確認する 例) ...

スポンサーリンク