ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] GOTO文を使う

投稿日:

GOTO文を使ったサンプルです。

GOTO文を使うと、処理を特定の場所に飛ばすことができます。

サンプル

例)引数が1の場合はhoge、1以外の場合はfugaを表示する

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEで出力するには、事前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

解説

  • GOTOの飛び先にラベルを付けて、飛びたい所で「GOTO ラベル名」と記述します。
  • ラベルは、「<<ラベル名>>」という書式で記述します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 排他制御に使用する日時文字列パターン

システムで排他制御に日時文字列を使用することが多いですが、オラクルから日時文字列を取得する場合のパターン例です。 サンプ ...
ORACLE

[SQL] 曖昧検索をする(LIKE)

SQLで曖昧検索をするには、LIKE句を使います。 構文 (LIKE構文) LIKE '<検索パターン>' 検索パターン ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00942: 表またはビューが存在しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00942: 表またはビューが存在しません。 (英語) ORA-0094 ...
ORACLE

[データディクショナリ] シーケンスの情報を取得する

SEQUENCE(順序)の情報を参照するには、 SEQUENCESデータディクショナリビューを参照します。 SEQUEN ...
ORACLE

[ORACLE] 値をマスキングするSQL

値を隠すためにマスキングするUPDATE文のサンプルです。 サンプル 例)m_userテーブルのaddress列の1文字 ...

スポンサーリンク