ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] GOTO文を使う

投稿日:

GOTO文を使ったサンプルです。

GOTO文を使うと、処理を特定の場所に飛ばすことができます。

サンプル

例)引数が1の場合はhoge、1以外の場合はfugaを表示する

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEで出力するには、事前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

解説

  • GOTOの飛び先にラベルを付けて、飛びたい所で「GOTO ラベル名」と記述します。
  • ラベルは、「<<ラベル名>>」という書式で記述します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 制約の有効/無効を切り替える

制約を一時的に有効にしたり無効にしたりするには、ALTER TABLE~ENABLE(DISABLE) CONSTRAI ...
ORACLE

[ORACLE関数] 数値の符号を取得する(SIGN)

数値の符号を取得するには、SIGN関数を使用します。 構文 (符号を取得する関数) SIGN(<数値>) 整数の場合は1 ...
ORACLE

[ORACLE] PL/SQL内でV$表を検索する

PL/SQL内でV$表を検索しようとしても、権限が無いと検索できません。 検索できるようにするには権限付与が必要です。 ...
ORACLE

[SQL] 「'」シングルクォーテーションを値として使用する

SQLでシングルクォーテーションを値として使用するには、シングルクォーテーションを2つ重ねて記述すればOKです。 サンプ ...
ORACLE

[SQL] JOIN句があるSQLで条件をON句に書く場合とWHERE句に書く場合の違い

JOIN句があるSQLで、WHERE条件はON句にもWHERE句にも書けますが、条件によって結果が違ってきますので注意が ...

スポンサーリンク