ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得する

投稿日:2017年7月25日 更新日:

オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得するサンプルです。

オラクルサーバのバージョンを取得する

サーバ側のバージョンを取得するには、SQL*Plus上で以下のSQLを実行します。

例1)オラクルサーバのバージョンを取得する

SQL*Plus
SQL> select * from v$version; BANNER ---------------------------------------------------------------- Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Production PL/SQL Release 11.2.0.2.0 - Production CORE 11.2.0.2.0 Production TNS for 64-bit Windows: Version 11.2.0.2.0 - Production NLSRTL Version 11.2.0.2.0 - Production SQL>

バージョン番号のみ取得したい場合は以下のように取得します。

例2)オラクルサーバのバージョンを取得する

SQL*Plus
SQL> select parameter, value from NLS_DATABASE_PARAMETERS where parameter = 'NLS_RDBMS_VERSION'; PARAMETER VALUE --------------------- -------------------------- NLS_RDBMS_VERSION 11.2.0.2.0 SQL>

オラクルクライアントのバージョンを取得する

クライアント側のバージョンを取得するには、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

例)オラクルクライアントのバージョンを取得する

コマンドプロンプト
C:\>sqlplus -version SQL*Plus: Release 11.2.0.2.0 Production

「sqlplus -v」でもOKです。

解説

  • サーバ側のバージョンは、V$VERSIONビューまたは、NLS_DATABASE_PARAMETERSを検索します。
  • クライアント側のバージョンは、SQL*Plus -versionコマンドで取得します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得する(EXTRACT)

TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得するには、EXTRACT関数を使用します。 サンプル 例)systimes ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01790: 式には対応する式と同じデータ型を持つ必要があります

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01790: 式には対応する式と同じデータ型を持つ必要があります (英語 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-30006: リソース・ビジー; WAITタイムアウトの期限に達しました。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-30006: リソース・ビジー; WAITタイムアウトの期限に達しました ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00917: カンマがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00917: カンマがありません。 (英語) ORA-00917: mi ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです ...

スポンサーリンク