ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 既存のシーケンスの現在値を進める

投稿日:

既存のシーケンスの現在値を進めるサンプルです。

オラクルのシーケンスは、既に作成されたシーケンスの現在値を直接更新する方法がありません。なので、以下のようにして現在値を進める必要があります。

サンプル

例)既存のシーケンス「seq01」の現在値を一時的に5000進める手順


以下、実行例です。

実行例
★シーケンスの現在値を確認する SQL> SELECT seq01.CURRVAL FROM dual; CURRVAL ---------- 103 ★シーケンスの増分値を5000にする SQL> ALTER SEQUENCE seq01 INCREMENT BY 5000 NOCACHE; 順序が変更されました。 ★シーケンスを発番する SQL> SELECT seq01.NEXTVAL FROM dual; NEXTVAL ---------- 5103 ★シーケンスの増分値を元に戻す SQL> ALTER SEQUENCE seq01 INCREMENT BY 1 NOCACHE; 順序が変更されました。 ★シーケンスを発番してみる SQL> SELECT seq01.NEXTVAL FROM dual; NEXTVAL ---------- 5104

解説

  • シーケンスの再作成が出来ない場合は、上記方法をお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 文字列内で正規表現に合致する箇所を置換する(REGEXP_REPLACE)

文字列内で正規表現に合致する箇所を置換するには、REGEXP_REPLACE関数を使用します。 構文 (REGEXP_R ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザを作成・変更・削除する

ユーザを作成・変更・削除するサンプルです。 ユーザを作成する ユーザを作成するには、CREATE USER句を使用します ...
ORACLE

[V$表] 実行されたSQLのSQL文を取得する(V$SQLTEXT、V$SQLTEXT_WITH_NEWLINES)

実行されたSQLのSQL文を取得するには、 V$SQLTEXT、V$SQLTEXT_WITH_NEWLINESビューを参 ...
ORACLE

[SQL*Plus] ログインユーザを確認する(show user)

SQL*Plusでログインユーザを確認するには、show userコマンドを使います。 サンプル 例)ログインユーザ名を ...
ORACLE

[ORACLE] 主キーの定義内容を確認する

主キーの定義内容を確認するSQLサンプルです。 サンプル 例)mytblテーブルの主キーの定義内容(対象列)を表示する ...

スポンサーリンク