ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SELECT結果の列幅を指定する

投稿日:2018年9月9日 更新日:

SELECT結果の列幅を指定するサンプルです。

構文

(SELECTの結果の列幅を指定する)
COLUMN <列名> FORMAT <フォーマット> [TRUNCATE]

次のように省略できます。 COLUMN⇒COL、FORMAT⇒FOR、TRUNCATE⇒TRU

意味
<列名>列幅を指定する列名を指定する
<フォーマット>列幅やフォーマットを指定する
(例)a10⇒列幅10バイト 999,999⇒数値カンマ編集6桁
TRUNCATE付加すると桁数に収まらない分は、切り捨てて表示する
※指定しない場合は、折り返して表示します。

サンプル

例)列幅を指定してtabをSELECTする

SQL*Plus
SQL>COLUMN tname FORMAT a20 TRUNCATE SQL>COLUMN tabtype FORMAT a10 SQL>COLUMN clusterid FORMAT a5 SQL>SELECT * FROM tab; TNAME TABTYPE CLUSTERID -------------------- ---------- ---------- M_TEST1 TABLE M_TEST2 TABLE M_TEST3 TABLE

ちなみに列幅を指定しないと、以下のように表示されます。

SQL*Plus
SQL>SELECT * FROM tab; TNAME TABTYPE ------------------------------------------------------------ -------------- CLUSTERID ---------- M_TEST1 TABLE M_TEST2 TABLE M_TEST3 TABLE

各行が改行されてしまい、見づらいです。

解説

  • 数値をカンマ区切りで表示したい場合は以下のように指定します。
    (例)column col1 format 999,999,999
  • 文字型の列に数値のフォーマットを指定した場合は、指定したフォーマットは無視されます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事


スポンサーリンク