SQL*Plus

[SQL*Plus] カラムにフォーマットを指定する

投稿日:

SQL*Plusではカラムにフォーマットを指定して結果を表示することができます。

構文

(SELECTの結果の列幅を指定する)
COLUMN <列名> FORMAT <フォーマット> [TRUNCATE]

次のように省略できます。 COLUMN⇒COL、FORMAT⇒FOR、TRUNCATE⇒TRU

意味
<列名>列幅を指定する列名を指定する
<フォーマット>列幅やフォーマットを指定する
(例)a10⇒列幅10バイト 999,999⇒数値カンマ編集6桁
TRUNCATE付加すると桁数に収まらない分は、切り捨てて表示する
※指定しない場合は、折り返して表示します。

数値フォーマット

例)col1列にフォーマット「999,999,999.00」を指定する

SQL*Plus
SQL> column col1 format '999,999,999.00' SQL> select 1234567 as col1 from dual; COL1 --------------- 1,234,567.00

1行目でフォーマット指定を行っています。

桁数フォーマット

例)col1列に5桁で折り返す指定をする

SQL*Plus
SQL> column col1 format a5 SQL> select 'ABCDEFGHIJKL' as col1 from dual; COL1 ----- ABCDE FGHIJ KL

1行目でフォーマット指定を行っています。

SQL*Plus
SQL> column col1 format a5 truncate SQL> select 'ABCDEFGHIJKL' as col1 from dual; COL1 ----- ABCDE

truncateを付けると指定桁数を超えた分は切り捨てられます。

フォーマットのクリア

例)col1列に設定したフォーマットをクリアする

SQL*Plus
SQL> column col1 clear SQL> select 'ABCDEFGHIJKL' as col1 from dual; COL1 ------------ ABCDEFGHIJKL

1行目でフォーマット指定の解除を行っています。

解説

  • 構文にあるキーワードは以下のように省略できます。
    COLUMN⇒COL、FORMAT⇒FOR、TRUNCATE⇒TRU

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] OUTパラメータのあるプロシージャを実行する

SQL*Plusで、OUTパラメータのあるプロシージャを実行するサンプルです。 構文 以下のコマンドを使用します。 (変 ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQLの実行時間を測定する(set timing)

SQLの実行にかかった時間を測定するには、「timing」システムパラメータを使用します。 構文 (表示構文) show ...
ORACLE

[SQL*Plus] システム変数の一覧を表示する(show all)

システム変数の一覧を表示するには、show allコマンドを使用します。 サンプル 例)システム変数の一覧を表示する S ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです ...
ORACLE

[SQL*Plus] nullの表示を変更する(set null)

検索結果でnull値の表示を変更するには、「set null」を使用します。 サンプル 例)null値の表示を「***」 ...

スポンサーリンク