SQL*Plus

[SQL*Plus] 使用しているSQL*Plusが32ビットか64ビットかを調べる(Windows環境)

投稿日:

Windows環境で使用しているSQL*Plus(Oracleクライアント)が32ビットか64ビットかを調べるには、タスクマネージャーを確認すればOKです。

手順

Windows10を例にします。
SQL*Plusを立ち上げた状態で下記手順を行ってください。

①Windowsのタスクバーを右クリック→「タスクマネージャー」を選択してタスクマネージャ画面を開く

下記のようにタブが非表示の場合は「詳細(D)」をクリックしてタブを表示して下さい

タスクマネージャー

②「プロセス」タブで「Windowsコマンドプロセッサ」の項目を開き、「Oracle SQL*Plus」の項目を確認する

タスクマネージャー「プロセス」

32ビット版クライアントの場合は上記のように「(32ビット)」という表記がされています。

「(32ビット)」という表記が無い場合は64ビット版クライアントです。

解説

  • タスクマネージャを確認する時は、SQL*Plusを立ち上げた状態で行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定する(set suffix)

スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定するには、「suffix」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) sh ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。 構文 (構文) set feedback [on|off| ...
ORACLE

[SQL*Plus] SELECT結果の列幅を指定する

SELECT結果の列幅を指定するサンプルです。 構文 (SELECTの結果の列幅を指定する) COLUMN <列名> F ...
ORACLE

[SQL*Plus] プロンプトの前に時刻を表示する(set time)

プロンプト(例:SQL>)の前に現在時刻を表示するには、set timeを使用します。 構文 時刻を表示させる場合 ...
ORACLE

[SQL*Plus] OUTパラメータのあるプロシージャを実行する

SQL*Plusで、OUTパラメータのあるプロシージャを実行するサンプルです。 構文 以下のコマンドを使用します。 (変 ...

スポンサーリンク