ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする

投稿日:

よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする方法です。

手順

1.テンプレートを置いておくフォルダを作成する

C:¥sqltemplate

場所は任意の場所どこでも構いません。

2.環境変数を追加する

以下環境変数を定義する
環境変数名:SQLPATH 値:C:¥sqltemplate

値は、手順1で作成したフォルダを指定します。

テンプレートを作成して、上記で作成したフォルダへ置く

ファイル名の拡張子は.sqlにします。

4.SQL*Plusから以下のように呼び出す

SQL*Plus
SQL> @test

拡張子の.sqlは指定不要です。

これでtest.sqlに定義したSQLが実行されます

解説

  • SQL*Plusの@コマンドは、環境変数SQLPATHに定義された場所を見に行くのを利用しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] Date型を指定した単位で切り捨てる(trunc)

Date型を指定した単位で切り捨てるには、TRUNC関数を使用します。 サンプル 例)Date型日付を月単位で切り捨てる ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です (英語) OR ...
ORACLE

[ORACLE関数] レコード単位で最小値・最大値を求める(LEAST、GREATEST)

レコード単位で最小値or最大値を求めるには、LEAST/GREATEST関数を使用します。 例として、学生毎の国語、数学 ...
ORACLE

[ORACLE関数] NVARCHAR2やNCHARに型変換する(TO_NCHAR)

VARCHAR2やCHAR型を、NVARCHAR2やNCHARに型変換するには、TO_NCHAR()関数を使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...

スポンサーリンク