ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする

投稿日:

よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする方法です。

手順

1.テンプレートを置いておくフォルダを作成する

C:¥sqltemplate

場所は任意の場所どこでも構いません。

2.環境変数を追加する

以下環境変数を定義する
環境変数名:SQLPATH 値:C:¥sqltemplate

値は、手順1で作成したフォルダを指定します。

テンプレートを作成して、上記で作成したフォルダへ置く

ファイル名の拡張子は.sqlにします。

4.SQL*Plusから以下のように呼び出す

SQL*Plus
SQL> @test

拡張子の.sqlは指定不要です。

これでtest.sqlに定義したSQLが実行されます

解説

  • SQL*Plusの@コマンドは、環境変数SQLPATHに定義された場所を見に行くのを利用しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 列ヘッダの区切り線を設定する(set underline)

列ヘッダの区切り線を設定するには、「underline」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show und ...
ORACLE

[ORACLE] プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQL

プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQLです。 サンプル 例)各プロファイルのパスワード有効期限を参照するSQ ...
ORACLE

[SQL*Plus] SGAの情報を表示する(show sga)

SQL*PlusでSGAの情報を表示するには、show sgaコマンドを使います。 サンプル 例)SGAの情報を表示する ...
ORACLE

[ORACLE] 数値文字列を正しくソートする

数値文字列を正しくソートする方法です。 以下のテーブルをサンプルとします。 【M_SHAIN】 IDNAME 1鈴木 2 ...
ORACLE

[SQL*Plus] ファイルに記述されたSQLを実行する(@)

SQL*Plusで、ファイルに記述されたSQLを実行する方法です。 サンプル 以下のファイルをC:¥に置いたとし ...

スポンサーリンク