ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする

投稿日:

よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする方法です。

手順

1.テンプレートを置いておくフォルダを作成する

C:¥sqltemplate

場所は任意の場所どこでも構いません。

2.環境変数を追加する

以下環境変数を定義する
環境変数名:SQLPATH 値:C:¥sqltemplate

値は、手順1で作成したフォルダを指定します。

テンプレートを作成して、上記で作成したフォルダへ置く

ファイル名の拡張子は.sqlにします。

4.SQL*Plusから以下のように呼び出す

SQL*Plus
SQL> @test

拡張子の.sqlは指定不要です。

これでtest.sqlに定義したSQLが実行されます

解説

  • SQL*Plusの@コマンドは、環境変数SQLPATHに定義された場所を見に行くのを利用しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました (英語) ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません (英語) ORA-01 ...
ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルの一覧を取得する

テンポラリーテーブルの一覧を取得するSQLです。 サンプル 例)テンポラリーテーブルの一覧を取得する [crayon-5 ...
ORACLE

[ORACLE] 値が同じならNULLを返す(NULLIF)

値が同じならNULLを返すには、NULLIF関数を使用します。 サンプル 例)値が同じ場合 SQL*Plus SQL&g ...

スポンサーリンク