ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得する(EXTRACT)

投稿日:

TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得するには、EXTRACT関数を使用します。

サンプル

例)systimestampから年月日等の値を取得する

【EXTRACT関数の引数】
要素指定する値取得値例備考
YEAR2018
MONTH5
DAY15
HOUR11Date型は使用不可
※SYSTIMESTAMPはTIMESTAMP型にキャストが必要
MINUTE5Date型は使用不可
SECOND13.605Date型は使用不可
時タイムゾーンTIMEZONE_HOUR9Date型は使用不可
分タイムゾーンTIMEZONE_MINUTE0Date型は使用不可
タイムゾーン名称TIMEZONE_REGIONUNKNOWNDate型は使用不可
タイムゾーン略称TIMEZONE_ABBRUNKDate型は使用不可

解説

  • 他の方法としては、TO_CHAR関数で取得したい日付要素のフォーマットを指定する方法もあります。
    (例)年を取得する ⇒ TO_CHAR(systimestamp, 'yyyy')

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク