ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 初期化パラメータの値を変更する

投稿日:

初期化パラメータの値を変更する方法です。

構文

(初期化パラメータの値を変更する構文)
ALTER SYSTEM SET <初期化パラメータ> = <値>[,<値2> ...] [SCOPE={MEMORY|SPFILE|BOTH}];

SCOPEの値の意味は以下表をご覧ください。

【SCOPEの範囲】
MEMORY現インスタンス上のみ変更する
 ※再起動すると設定した値は消えます。
SPFILESPファイル上の設定を変更する
 ※現インスタンスは変更されず、再起動後に反映されます。
BOTH現インスタンスとSPファイルの両方の設定を変更する
 ※SPファイル使用時のデフォルトです。

サンプル

例)OPEN_CURSORSの値を20に変更する(現インスタンスのみ)

変更値は再起動すると無効になります。

例)CONTROL_FILESの値を変更する

変更値は再起動後に反映されます。

例)RESOURCE_LIMITの値をFALSEに設定する

現セッションと再起動後両方の値が変更されます。

解説

  • SCOPE=BOTHの場合は、デフォルト値のため省略可です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事


スポンサーリンク