ORACLE機能 ORAエラー

[ORAエラー] ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

投稿日:2018年7月28日 更新日:

以下のように表示されます。

(日本語)
ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました
(英語)
ORA-00054: resource busy and acquire with NOWAIT specified or timeout expired

発生パターン

このエラーは以下のような場合に発生します。

  • 別セッションでFOR UPDATEを指定して検索中(ロック中)のテーブルに対して、
    FOR UPDATE or FOR UPDATE NOWAIT を指定して検索(ロックをかけて検索)をした
エラー例
SQL> select * from m_test for update nowait; select * from m_test for update nowait * 行1でエラーが発生しました。: ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

m_testテーブルがロックされている状態で、FOR UPDATE NOWAITで検索しようとした例です。

対処法

  • 他セッションのロック解除を待つ。
  • 他セッションのロックを強制的に解除する

ロックの強制解除方法

ロックを強制的に解除するには以下のようにします。

1.ロックしているセッションのSIDとSERIAL# を取得する

2.取得したSIDとSERIAL# を以下SQLで実行する

ロックを強制解除するSQL
ALTER SYSTEM KILL SESSION '<SID>, <SERIAL#>';

これで、ロックを強制解除できます。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORAエラー

執筆者:


  1. […] ▼ORACLE逆引きノート様https://oracle.programmer-reference.com/ora-00054/ ▼津島博士のパフォーマンス講座 第18回 ロックについて https://www.oracle.com/technetwork/jp/database/articles/tsushima/tsm18-1610822-ja.html […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 自動コミットを設定する(set autocommit)

自動コミットを設定するには、「autocommit」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show autoc ...
ORACLE

[SQL] 集計した件数でソートする

集計した件数でソートするには、ORDER BY句にCOUNT関数を記述すればOKです。 サンプル 以下テーブルをサンプル ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。 リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。 ...
ORACLE

[ORACLE] Date型を指定した単位で四捨五入する(round)

Date型を指定した単位で四捨五入するには、ROUND関数を使用します。 サンプル 例)Date型日付を月単位で四捨五入 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01790: 式には対応する式と同じデータ型を持つ必要があります

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01790: 式には対応する式と同じデータ型を持つ必要があります (英語 ...

スポンサーリンク