ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] シノニムの情報を取得する

投稿日:

シノニムの情報を参照するには、
XXX_SYNONYMSデータディクショナリビューを参照します。

XXXの箇所には、DBA、ALL、USER のいずれかが入ります。

XXX_SYNONYMSデータディクショナリの種類

XXX_SYNONYMSデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【XXX_SYNONYMSデータディクショナリビューの種類】
DBA_SYNONYMS全てのシノニム情報を対象とする
※権限が必要
ALL_SYNONYMSユーザが参照可能なシノニム情報を対象とする
USER_SYNONYMSユーザが保持するシノニム情報を対象とする

XXX_SYNONYMSデータディクショナリの定義

XXX_SYNONYMSデータディクショナリの定義です。

【XXX_SYNONYMSデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(30)シノニムの所有者
※DBA_SYNONYMS、ALL_SYNONYMSのみ
SYNONYM_NAMEVARCHAR2(30)シノニム名
TABLE_OWNERVARCHAR2(30)シノニム参照先オブジェクトの所有者
TABLE_NAMEVARCHAR2(30)シノニム参照先オブジェクト名
DB_LINKVARCHAR2(128)DBLINKを使用している場合は、DBLINK名

サンプル

例)データベース上の全てのシノニム情報を取得する

例)自身がアクセスできる全てのシノニム情報を取得する

例)自身が所有する全てのシノニム情報を取得する

メモ

  • OWNERや SYNONYM_NAME列に対して検索条件を指定する場合は、大文字で指定する必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク