ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

投稿日:2018年10月2日 更新日:

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。


自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、
 データファイルの設定を変更することになります。

サンプル

例)データファイル「C:¥ORACLE¥ORA01¥DATA¥TBS01.DBF」を自動拡張にする

オプションは以下をご覧ください。

【オプション】
AUTOEXTEND自動拡張をする時に増やすサイズを指定します。
例)10M、1Gなど単位付きで指定できます。
MAXSIZE自動拡張ができる最大サイズを指定します。
ここに指定したサイズを上限として自動拡張されます。
例)500M、10Gなど単位付きで指定できます。
unlimitedを指定すると無制限になります。

解説

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] SELECTした結果を直接変数にセットする(SELECT~INTO句)

SELECTした結果を直接変数にセットするには、SELECT~INTO句を使用します。 サンプル 例)TEST_TBLテ ...
ORACLE

[ORACLE] プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQL

プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQLです。 サンプル 例)各プロファイルのパスワード有効期限を参照するSQ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした (英 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列内で正規表現に合致する箇所を置換する(REGEXP_REPLACE)

文字列内で正規表現に合致する箇所を置換するには、REGEXP_REPLACE関数を使用します。 構文 (REGEXP_R ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果のタイトルを非表示にする(set heading)

検索結果のタイトルを非表示にするには、headingを指定します。 構文 タイトルを表示する場合はon、非表示にする場合 ...

スポンサーリンク