ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 表領域が自動拡張かどうかを確認する

投稿日:

表領域が自動拡張かどうかを確認するSQLです。

サンプル

例)表領域が自動拡張かどうかを確認するSQL

実行例
TABLESPACE_NAME FILE_NAME AUTOEXTENSIBLE ---------------- -------------------------------- ------------------ TBS01 C:\ORACLE\ORA01\DATA\TBS01.DBF NO TBS02 C:\ORACLE\ORA01\DATA\TBS02.DBF YES TBS03 C:\ORACLE\ORA01\DATA\TBS03.DBF YES

AUTOEXTENSIBLE列の値が、「YES⇒自動拡張する/NO⇒自動拡張しない」です。

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 1行の表示桁数を設定する(set linesize)

1行の表示桁数を設定するには、linesizeシステム変数を使用します。 構文 (表示構文) show linesize ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 正しい日付文字列かどうかチェックするFunction

引数に渡された値が正しい日付文字列かどうかを判定するFUNCTIONです。 サンプルソース 例)値がYYYYMMDD形式 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00936: 式がありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00936: 式がありません (英語) ORA-00936: Missi ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照する

バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照するサンプルです。 サンプル ①バインド変数を使用したSQLを実行 ...

スポンサーリンク