ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

投稿日:

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。

サンプル

例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL

全ての表領域を確認したい場合は、3行目は無視してください。

実行結果例
SQL> SELECT tablespace_name, file_name 2 FROM dba_data_files 3 WHERE tablespace_name = 'TBS01' 4 / TABLESPACE_NAME FILE_NAME ---------------- ------------------------------------- TBS01 C:\ORACLE\ORA01\DATAFILE\TBS01.DBF TBS01 C:\ORACLE\ORA01\DATAFILE\TBS02.DBF

解説

  • WHERE句に表領域名を指定する時は、必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の先頭を大文字にする(INITCAP)

文字列の先頭を大文字にするには、INITCAPを使用します。 サンプル 例)文字列'abc'の先頭のみ大文字にする SQ ...
ORACLE

[PL/SQL] ROWTYPE型をINSERTする

ROWTYPE型で定義した値を、そのままINSERTするサンプルです。 サンプル 例)SAMPLE_TBLテーブルにRO ...
ORACLE

[標準パッケージ] ファイル存在チェックを行う(UTL_FILE.FGETATTR)

ファイルが存在するかどうかチェックを行うには、UTL_FILE.FGETATTRを使用します。 構文 (ファイル存在チェ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12899: 値が大きすぎます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12899: 列"xxx"."xxx"."xxx"の値が大きすぎます(実 ...
ORACLE

[ORACLE] NLSパラメータ値を確認する(NLS_DATABASE_PARAMETERS)

NLSパラメータ値を確認するには、NLS_DATABASE_PARAMETERSを検索します。 サンプル 例)NLSパラ ...

スポンサーリンク