ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 動的SQLでSELECT文を実行する

投稿日:

PL/SQL上で動的なSELECT文を実行するには、EXECUTE IMMEDIATE~INTOを使用します。

サンプル

例)動的SQLでSELECT文を実行する

実行例
SQL> / aaはhoge bbはhege PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEを実行する時は、事前に「set serveroutput on」コマンドを実行しておく必要があります。

解説

  • 複数件を返すSQLであった場合など、INTOに指定した型と合っていない場合は、
    「ORA-00932:データ型が一致しません。」が発生します。
  • 動的SQLでDDL(INSERT, UPDATE, DELETE)文を実行したい場合は、以下ページをご覧ください。 → 動的SQLでINSERT、UPDATE、DELETEを実行する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] 二重ループを抜ける

二重ループを抜けるには、ラベルを使うと便利です。 構文 (ラベル構文) <<ラベル名>> ラベル ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのロックを解除する

パスワードを規定数以上間違えたなどでアカウントがロックされた場合に、ロック状態を解除するサンプルです。 サンプル 例)ユ ...
ORACLE

[ORACLE] CASE文でORA-00932が発生する場合

CASE文でORA-00932が発生する場合は、 分岐した結果の型が一致していない事が原因です。 サンプル 例えば、以下 ...
ORACLE

[集計関数] 最大値、最小値を求める(MAX, MIN)

検索結果を集計して最大値、最小値を求めるには、MAXまたはMINを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 ...
ORACLE

[ORACLE] 既存のシーケンスの現在値を進める

既存のシーケンスの現在値を進めるサンプルです。 オラクルのシーケンスは、既に作成されたシーケンスの現在値を直接更新する方 ...

スポンサーリンク