ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 動的SQLでINSERT、UPDATE、DELETEを実行する

投稿日:

PL/SQL上で動的なINSERT文、UPDATE文、DELETE文を実行するには、EXECUTE IMMEDIATEを使用します。

サンプル

例)動的SQLでDELETE文を実行する

実行例
SQL> / PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。

解説

  • SQL文を動的に構築して実行したい場合に便利な機能です。
  • 実行スピードはプロシージャに直接SQLを記述するよりも遅いため、多用は避けた方が無難です。
  • 動的SQLでSELECT文を実行したい場合は、以下ページをご覧ください。
    動的SQLでSELECT文を実行する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] JOIN句があるSQLで条件をON句に書く場合とWHERE句に書く場合の違い

JOIN句があるSQLで、WHERE条件はON句にもWHERE句にも書けますが、条件によって結果が違ってきますので注意が ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの作成日時/更新日時を取得する

テーブルの作成日時/更新日時を取得するサンプルです。 サンプル 例)所有するテーブル全ての作成日時と更新日時を表示する ...
ORACLE

[データディクショナリ] シーケンスの情報を取得する

SEQUENCE(順序)の情報を参照するには、 SEQUENCESデータディクショナリビューを参照します。 SEQUEN ...
ORACLE

[SQL*Plus] DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にする(set serveroutput)

DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にするには、「serveroutput」システム変数を使用します。 構文 ( ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています ...

スポンサーリンク