ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 制約名を変更する

投稿日:

制約名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME CONSTRAINT句を使用します。

構文

(制約名を変更する)
ALTER TABLE テーブル名 RENAME CONSTRAINT 旧制約名 TO 新制約名;

サンプル

例)mytbl表の制約名(seiyaku01)を(seiyaku02)に変更する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] ディクショナリの一覧を取得する

ディクショナリの一覧を取得するには、DICTIONARYビューを参照します。 DICTIONARYデータディクショナリの ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。 自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更 ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザを作成・変更・削除する

ユーザを作成・変更・削除するサンプルです。 ユーザを作成する ユーザを作成するには、CREATE USER句を使用します ...
ORACLE

[ORACLE] 日付型を比較する

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。 サンプル 例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...

スポンサーリンク