ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

投稿日:2017年11月18日 更新日:

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、
CONTINUEを使用します。

サンプル

以下2つの例は同じ動きをします。

例1)5回ループ中、3回目のみスキップする

例2)5回ループ中、3回目のみスキップする

結果
SQL> / 1 2 4 5 PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL>

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEでコンソールに文字を出力するには「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

解説

  • CONTINEを使うと、該当ループ処理のみスキップすることができます。
  • Oracle11g以降で使用できます。(Oracle10g以前では使用できません。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 実行したSQLをファイルに出力する(save)

実行したSQLをファイルに出力するには、saveコマンドを使用します。 構文 (構文) save <ファイル名> [RE ...
ORACLE

[ORACLE関数] 現在日時を取得する(sysdate、systimestamp)

現在日付や日時を取得するには、sysdate または systimestamp を使用します。 構文 (現在日時をDAT ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルクライアントがインストールされている場所を探す

オラクルクライアントがインストールされている場所を探す方法です。 手順 オラクルクライアントがインストールされると、環境 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01403: データが見つかりません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01403: データが見つかりません。 (英語) ORA-01403: ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの表領域名を取得する

テーブル名とテーブルが所属する表領域名を一覧で表示するには、USER_TABLESデータディクショナリを検索すればOKで ...

スポンサーリンク