サンプル共通関数

[サンプル共通関数] 月の差分を整数で取得するFunction

投稿日:

月の差分を整数で取得するfunctionです。
DATE型版と、日付文字列版 の2つを用意しました。

サンプル(DATE型版)

例1)2つのDATE型日付の月の差分を整数で返すFunction

実行例
SQL> SELECT GET_MONTH_DIFF_DATE(TO_DATE('2022/01/31'), TO_DATE('2022/04/30')) FROM dual; GET_MONTH_DIFF_DATE ----------------- 3

サンプル(日付文字列版)

例2)2つの日付文字列の月の差分を整数で返すFunction

実行例
SQL> SELECT GET_MONTH_DIFF_YMD('2022/01/31', '2022/04/30') FROM dual; GET_MONTH_DIFF_YMD ----------------- 3

指定した日付文字列が不正な場合は、Exceptionが発生します。

備考

  • 返る月の差分は、日付部分を考慮しない月の差分です。
    (例)
     2022/01/XX と 2022/01/XX → 0
     2022/01/XX と 2022/02/XX → 1
     2022/01/XX と 2021/12/XX → -1

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サンプル共通関数
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク