ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE] Date型を指定した単位で切り捨てる(trunc)

投稿日:2018年2月1日 更新日:

Date型を指定した単位で切り捨てるには、TRUNC関数を使用します。

サンプル

例)Date型日付を月単位で切り捨てるサンプル

フォーマットは以下のようなものが指定できます。

【フォーマット】
mm
dd日(デフォルト)
hh
mi
ss

解説

  • フォーマットを省略すると、日単位で四捨五入されます。
  • フォーマットに「yyyy/mm」等、単一の単位でないフォーマットを指定すると以下のエラーが発生します。
    「ORA01898:精度指定子が多すぎます」
  • 指定した単位で四捨五入したい場合は、ROUNDを使用します。
    Date型を指定した単位で四捨五入する(round)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 「'」シングルクォーテーションを値として使用する

SQLでシングルクォーテーションを値として使用するには、シングルクォーテーションを2つ重ねて記述すればOKです。 サンプ ...
ORACLE

[ORACLE] ソート順をランダムに検索する

検索する毎に異なるソート順で結果を返すサンプルSQLです。 サンプル 例)M_USERテーブルからソート順をランダムに検 ...
ORACLE

[SQL] '%'や'_'をLIKE検索する

LIKE検索する時のキーワードである '%' と '_' をLIKE検索で使いたい場合は、 escapeを使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。 自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更 ...

スポンサーリンク