ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE] Date型を指定した単位で四捨五入する(round)

投稿日:

Date型を指定した単位で四捨五入するには、ROUND関数を使用します。

サンプル

例)Date型日付を月単位で四捨五入するサンプル

フォーマットは以下のようなものが指定できます。

【フォーマット】
mm
dd日(デフォルト)
hh
mi
ss

解説

  • フォーマットを省略すると、日単位で四捨五入されます。
  • フォーマットに「yyyy/mm」等、単一の単位でないフォーマットを指定すると以下のエラーが発生します。
    「ORA01898:精度指定子が多すぎます」
  • 指定した単位で切捨てたい場合は、TRUNCを使用します。
    Date型を指定した単位で切り捨てる(trunc)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 再コンパイル用のSQL文を生成する

再コンパイル用のSQL文を生成するSQLです。 サンプル 例)再コンパイル用のSQL文を生成する [crayon-5e2 ...
ORACLE

[V$表] 実行されたSQLの情報を取得する(V$SQL)

実行されたSQLの情報を参照するには、V$SQLビューを参照します。 V$SQLの定義 V$SQLの定義です。 【V$S ...
ORACLE

[ORACLE] 文字数でサイズ指定する文字列型(NVARCHAR2、NCHAR)

文字数でサイズ指定する文字列型には、NVARCHAR2型、NCHAR型があります。 VARCHR2型やCHAR型はバイト ...
ORACLE

[ORACLE関数] ハッシュ値を取得する(ORA_HASH)

オラクルでハッシュ値を取得するには、ORA_HASH関数を使用します。 構文 (ORA_HASH構文) ORA_HASH ...
ORACLE

[ORACLE] SAVEPOINTを使用する

SAVEPOINTを使用するサンプルです。 セーブポイントを使うと、部分的にロールバックをすることができます。 サンプル ...

スポンサーリンク