ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] sysdateから年月日のみ取得する

投稿日:2017年11月9日 更新日:

sysdateから年月日のみ取得するには、sysdateをTRUNCします。

サンプル

例)年月日のみのsysdateを取得する

実行例
SQL> SELECT to_date(trunc(sysdate), 'yyyy/mm/dd hh24:mi:ss') AS YMD FROM dual; YMD -------------------- 2017/10/31 00:00:00

時分秒は切り捨てられてゼロとなっています。


切り捨てる単位を指定することも可能です。

例)2017年11月15日に以下のTRUNCを実行する

解説

  • Date型をtruncすると、指定した単位で切り捨てられます。
    (単位未指定時は、時分秒が切り捨てられる)
  • TIMESTAMP型も同様にTRUNCできます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[サンプル共通関数] 正しい日付文字列かどうかチェックするFunction

引数に渡された値が正しい日付文字列かどうかを判定するFUNCTIONです。 サンプルソース 例)値がYYYYMMDD形式 ...
ORACLE

[SQL*Plus] @と@@の違い

SQL*PlusでSQLファイルを実行するコマンド「@」と「@@」の違いです。 @と@@の違い まず「@hoge」のよう ...
ORACLE

[ORACLE関数] 絶対値を求める(ABS)

絶対値を求めるには、ABS関数を使用します。 構文 (絶対値を求める構文) ABS(<数値>) サンプルコード 例)-1 ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得する

オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得するサンプルです。 オラクルサーバのバージョンを取得する サーバ側のバージ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました (英語) ...

スポンサーリンク