ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] sysdateから年月日のみ取得する

投稿日:2017年11月9日 更新日:

sysdateから年月日のみ取得するには、sysdateをTRUNCします。

サンプル

例)年月日のみのsysdateを取得する

実行例
SQL> SELECT to_date(trunc(sysdate), 'yyyy/mm/dd hh24:mi:ss') AS YMD FROM dual; YMD -------------------- 2017/10/31 00:00:00

時分秒は切り捨てられてゼロとなっています。


切り捨てる単位を指定することも可能です。

例)2017年11月15日に以下のTRUNCを実行する

解説

  • Date型をtruncすると、指定した単位で切り捨てられます。
    (単位未指定時は、時分秒が切り捨てられる)
  • TIMESTAMP型も同様にTRUNCできます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位でMIN値を取得する(MIN~OVER)

指定した単位でMIN値を取得するには、MIN~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_S ...
ORACLE

[ORACLE] 連続文字を桁数指定で出力する

連続する文字を桁数指定で出力するサンプルです。 ※VBのString関数のようなものです。 サンプル 例)「*」を10個 ...
ORACLE

[PL/SQL] レコード(TYPE)の配列を作成する

レコード(TYPE)の配列を作成するサンプルです。 サンプル 例)TYPEの配列を作成して、内容を出力するプロシージャ ...
ORACLE

[ORACLE関数] 数値の切捨て、切上げ、四捨五入を行う(TRUNC、ROUND、CEIL)

数値の切捨て、四捨五入、切上げのサンプルです。 切捨てを行う 切捨てはTRUNC関数を使用します。 【構文】 TRUNC ...
ORACLE

[ORACLE] データファイルが破損しているかどうか調べる(DBV)

データファイルが破損しているかどうか調べるには、DBVユーティリティを使用します。 構文 (データファイルの破損を調べる ...

スポンサーリンク