ORACLE機能

[ORACLE] タイムゾーンを取得する

投稿日:

タイムゾーンを取得するには DBTIMEZONESESSIONTIMEZONE を使用します。

サンプル

例)データベースのタイムゾーンを取得する

SQL*Plus
SQL> SELECT DBTIMEZONE FROM dual; DBTIMEZONE ----------------------------------------- +09:00

例)セッションのタイムゾーンを取得する

SQL*Plus
SQL> SELECT SESSIONTIMEZONE FROM dual; SESSIONTIMEZONE ----------------------------------------- +09:00

解説

  • タイムゾーンは協定世界時(UTC時刻)との差分時刻です。
    (日本は +9時間です。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] スケジューラジョブの情報を取得する

スケジューラジョブの情報を参照するには、 SCHEDULER_JOBSデータディクショナリビューを参照します。 SCHE ...
ORACLE

[PL/SQL] WHILE文を使う

PL/SQLでのWHILE文サンプルです。 構文 (WHILE構文) WHILE <条件> LOOP  --繰り返し処理 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 列ヘッダの区切り線を設定する(set underline)

列ヘッダの区切り線を設定するには、「underline」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show und ...
ORACLE

[ORACLE] シングルクォーテーションを出力する

オラクルでシングルクォーテーションを出力する方法2パターンです。 SQL文で文字列を出力するには、シングルクォーテーショ ...
ORACLE

[ORACLE] 数値を通貨表記する

数値を通貨表記するサンプルです。 サンプル 例)数値1234567を通貨表記する [crayon-5d637bdf690 ...

スポンサーリンク