ORACLE機能

[ORACLE] タイムゾーンを取得する

投稿日:

タイムゾーンを取得するには DBTIMEZONESESSIONTIMEZONE を使用します。

サンプル

例)データベースのタイムゾーンを取得する

SQL*Plus
SQL> SELECT DBTIMEZONE FROM dual; DBTIMEZONE ----------------------------------------- +09:00

例)セッションのタイムゾーンを取得する

SQL*Plus
SQL> SELECT SESSIONTIMEZONE FROM dual; SESSIONTIMEZONE ----------------------------------------- +09:00

解説

  • タイムゾーンは協定世界時(UTC時刻)との差分時刻です。
    (日本は +9時間です。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とする(EXISTS)

副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とするには、EXIST句を使用します。 サンプル 例)TBL_AからTBL_ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00936: 式がありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00936: 式がありません (英語) ORA-00936: Missi ...
ORACLE

[PL/SQL] 条件値がnullでない場合のみ検索条件に含める

条件値がnullの場合は検索条件とせず、nullでない場合のみ検索条件とするサンプルです。 サンプルコード 例)valが ...
ORACLE

[PL/SQL] 配列(NESTED TABLE)の要素数を取得する(COUNT)

配列(NESTED TABLE)の要素数を取得するには、COUNTを使用します。 サンプル 例)NESTED TABLE ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。 (英語) ORA-12 ...

スポンサーリンク