ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] データベースファイルの情報を取得する

投稿日:

データベースファイルの情報を参照するには、
DBA_DATA_FILESデータディクショナリビューを参照します。

DATA_FILESデータディクショナリの種類

DATA_FILESデータディクショナリビューには以下1種類があります。

【DATA_FILESデータディクショナリビューの種類】
DBA_DATA_FILESデータベースファイルの情報を参照する ※権限が必要

ALL_~、USER_~ はありません。

DBA_DATA_FILESデータディクショナリの定義

DBA_DATA_FILESデータディクショナリの定義です。

【DBA_DATA_FILESデータディクショナリ】
列名メモ
FILE_NAMEVARCHAR2(513)データベースファイル名
FILE_IDNUMBERデータベースファイルの識別子番号
TABLESPACE_NAMEVARCHAR2(30)ファイルが属する表領域名
BYTESNUMBERファイルのサイズ(バイト単位)
BLOCKSNUMBERファイルサイズ(ブロック数)
STATUSVARCHAR2(9)ファイルの状態
AVAILABLE/INVALID
RELATIVE_FNONUMBER相対ファイル番号
AUTOEXTENSIBLEVARCHAR2(3)自動拡張可能かどうか
MAXBYTESNUMBERファイルの最大サイズ(バイト単位)
MAXBLOCKSNUMBERファイルの最大サイズ(ブロック数)
INCREMENT_BYNUMBER自動拡張時の増分(ブロック数)
USER_BYTESNUMBERユーザが使用できるサイズ(バイト単位)
USER_BLOCKSNUMBERユーザが使用できるサイズ(ブロック数)
ONLINE_STATUSVARCHAR2(7)オンライン状態
SYSOFF/SYSTEM/OFFLINE/ONLINE/RECOVER

サンプル

データディクショナリビューを検索するサンプルです。

例)表領域「TBS01」が使用しているデータベースファイル名を取得する

メモ

  • ファイル名を検索条件とする場合、必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ROWNUMと*を同時に検索する

*で全件検索する時に、ROWNUM等を同時に検索したい場合のサンプルです。 サンプル 例)ROWNUMとM_USERテー ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。 構文 (構文) set feedback [on|off| ...
ORACLE

[SQL*Plus] システム変数変更時に変更前と後の値を表示するように設定する(set showmode)

システム変数の変更前と後の値を表示するように設定するには、「showmode」システム変数を使用します。 構文 (表示構 ...
ORACLE

[SQL*Plus] SELECT結果をファイルに出力する(spool)

SELECT結果をファイルに出力するには、spoolを使用します。 構文 (スプール開始構文) spool ファイル名 ...
ORACLE

[データディクショナリ] 列の情報を取得する

テーブルの列(COLUMN)の情報を参照するには、 TAB_COLUMNSデータディクショナリビューを参照します。 TA ...

スポンサーリンク