SQL

[SQL] いずれかに一致したものを抽出する(IN)

投稿日:2017年4月5日 更新日:

指定した値のいずれかに一致したものを抽出するには、IN句を使用します。

構文

IN句には、①値を指定 ②SQL文を指定の2つの方法があります。

(①値を指定する場合)
IN('値1' [,'値2' ...])
(②SELECT文を指定する場合)
IN(<SQL文>)

サンプル

以下テーブルをサンプルとします。

【M_SHAIN】
cdnamedept
001鈴木30
002斎藤10
003山下10
004田川40
005高橋20
【M_DEPT】
cddeptname
20総務部
30経理部

例)部署が10と20の人を抽出する

結果
CD NAME DEPT ----- ------- ----- 002 斎藤 10 003 山下 10 005 高橋 20

例)M_DEPTに定義されている部署のみ抽出する

結果
CD NAME DEPT ----- ------- ----- 001 斎藤 10 005 高橋 20

メモ

  • IN句はWHERE句内に使えます。
  • IN句の値には、文字型や数値型など指定できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SQL

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク