ORACLE関数

[ORACLE関数] 文字数単位で文字を切り出す(SUBSTR)

投稿日:2017年3月16日 更新日:

オラクルで文字列から文字数単位で文字を切り出すには、SUBSTR関数を使用します。

構文

構文は以下の通りです。

(SUBSTR構文)
SUBSTR(<対象文字列>, <開始文字位置>, <終了文字位置>)

終了文字位置は省略可です。省略した場合は末尾までとなります。

サンプルソース

以下のようなテーブルをサンプルとします。

【tbl1】
CDNAME
001ABCDEFGHIJ
002あいうえおかきくけこ
003あAいBうCえDおE

例1)1文字目から5文字取得する

実行結果
ABCDE あいうえお あAいBう

例2)3文字目から5文字取得する

実行結果
CDEFG うえおかき いBうCえ

例3)3文字目から文字列の末尾まで取得する

実行結果
CDEFGHIJ うえおかきくけこ いBうCえDおE

メモ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE関数
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク