ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] DIRECTORYの情報を取得する

投稿日:2017年3月14日 更新日:

DIRECTORY(ディレクトリ)の情報を参照するには、
DIRECTORIESデータディクショナリビューを参照します。

DIRECTORIESデータディクショナリの種類

DIRECTORIESデータディクショナリビューには以下2種類があります。

【DIRECTORIESデータディクショナリビューの種類】
DBA_DIRECTORIES全てのDIRECTORY情報を対象とする ※権限が必要
ALL_DIRECTORIESログインユーザが参照可能なDIRECTORYを対象とする

DIRECTORIESデータディクショナリの定義

DIRECTORIESデータディクショナリの定義です。

(DBA_DIRECTORIES/ALL_DIRECTORIESは同じ定義です)

【DIRECTORIESデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(128)ディレクトリの所有者
※常にSYSです。
DIRECTORY_NAMEVARCHAR2(128)ディレクトリ名
DIRECTORY_PATHVARCHAR2(4000)ディレクトリのパス
(例:C:\dir\)

サンプル

DIRECTORIESデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

メモ

  • DIRECTORYの所有者は常に"SYS"となります。
  • DIRECTORY_NAMEを検索条件とする場合、DIRECTORY名は必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] ビューを作成・変更・削除する

ビューを作成・変更・削除するサンプルです。 ビューを作成・変更する ビューを作成/変更するには、CREATE VIEW句 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00984: ここでは列は使用できません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00984: ここでは列は使用できません。 (英語) ORA-00984 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の前後空白を取り除く(TRIM, LTRIM, RTRIM)

文字列の前後空白を取り除くには、TRIMまたはLTRIMまたはRTRIMを使用します。 前後の空白を取り除く場合はTRI ...
ORACLE

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル 以下2つのサンプルは同じ動きをします。 ...

スポンサーリンク