ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] CASE文を使う

投稿日:2017年3月26日 更新日:

PL/SQLでのCASEサンプルです。

構文

(CASE文の構文)
CASE <値>  WHEN <比較値1> THEN   --処理1  WHEN <比較値2> THEN   --処理2  ELSE   --上記以外の場合の処理 END CASE

サンプルソース

例)引数で受け取った数値に対応する文字を返す

メモ

  • 値は、数値でも文字でもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とする(EXISTS)

副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とするには、EXIST句を使用します。 サンプル 例)TBL_AからTBL_ ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...
ORACLE

[SQL] 外部結合で結合する(OUTER JOIN)

外部結合で結合するには、OUTER JOIN句を使用します。 構文 (左外部結合構文)※左側は全て出力する結合 テーブル ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの列を削除する

テーブルの列を削除するには、ALTER TABLE~DROP句を使用します。 構文 (1カラム削除する場合) ALTER ...
ORACLE

[SQL] キーが存在すれば更新、無ければ挿入を行う(MERGE文)

MERGE文の書き方です。 MERGE文はキーが存在すれば更新、無ければ挿入を行うという処理を 1文で記載するSQLです ...

スポンサーリンク