ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定する(set suffix)

投稿日:

スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定するには、「suffix」システム変数を使用します。

構文

(表示構文)
show suffix
(設定構文)
set suffix '拡張子'
【設定値】
'拡張子'スクリプトファイル実行時のデフォルトの拡張子を設定する
(デフォルト'sql')

サンプル

例)スクリプトファイルのデフォルト拡張子を「txt」にする

サンプル
SQL> set suffix 'txt'

このように設定すると、拡張子が「.txt」のスクリプトファイルはファイル名のみで実行可能になります。
 (例)スクリプトファイル名「sample.txt」→「@sample」で実行可能

メモ

  • @でスクリプトファイル実行時に拡張子を省略しない場合は、指定した拡張子が有効になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] データファイルを削除する

データファイルを削除するサンプルです。 サンプル 例)表領域「tbs01」のデータファイル「C:¥ORACLE& ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル、ビュー、カラムにコメントを付ける

オラクルDBではテーブルやビュー、カラムにコメントを付けることができます。 構文 【テーブル、ビューにコメント】 COM ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名やカラム名に予約語を使う

テーブル名やカラム名には通常、予約語(SELECTとかINSERTなど)は使用できませんが、ダブルクォーテーションで囲う ...
ORACLE

[ORACLE] 数値を通貨表記する

数値を通貨表記するサンプルです。 サンプル 例)数値1234567を通貨表記する [crayon-5d6367dc571 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。 構文 (日付1と日付2の月差を取得する) M ...

スポンサーリンク