ORACLE操作

[ORACLE] 表領域がSMALLFILEかBIGFILEのどちらか確認する

投稿日:

オラクルの表領域がSMALLFILEかBIGFILEのどちらか確認するには、
DBA_TABLESPACESデータディクショナリを検索すればOKです。

サンプル

例)表領域がBIGFILEかどうか確認する

実行例
SQL> select tablespace_name, bigfile from dba_tablespaces; TABLESPACE_NAME BIGFILE -------------------- ---------- SYSTEM NO SYSAUX NO SAMPLE YES 3行が選択されました。

SMALLILE、BIGFILEの違い

SMALLILE、BIGFILEの違いは以下の通りです。

SMALLFILE 表領域

何も指定せずに表領域を作成すると、SMALLFILE表領域となります。

DBブロックサイズが8192バイトの場合、1データファイルの最大サイズは32GBです。
1データファイル当たりなので、1表領域に複数データファイルを割り当てれば32GBを超える表領域にできます。

BIGFILE 表領域

Oracle10gから導入された形式です。

DBブロックサイズが8192バイトの場合、1データファイルの最大サイズは32TBです。

データファイル形式にBIGFILEを使用した場合は、1つの表領域に複数のデータファイルを割り当てることはできません。

解説

  • DBA_TABLESPACESの BIGFILE列が YESの場合は BIGFILE、NOの場合は SMALLFILEです。

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク