ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] nullの表示を変更する(set null)

投稿日:2017年5月14日 更新日:

検索結果でnull値の表示を変更するには、「set null」を使用します。

サンプル

例)null値の表示を「***」にする。

サンプル
SQL> set null *** SQL> select * from m_user; CD NAME ----- --------------------- 100 山本 200 *** 300 一ノ瀬

CD = 200のNAME値がnullの場合の表示です。

メモ

  • null値の表示はデフォルトではブランクです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...
ORACLE

[PL/SQL] 条件値がnullでない場合のみ検索条件に含める

条件値がnullの場合は検索条件とせず、nullでない場合のみ検索条件とするサンプルです。 サンプルコード 例)valが ...
ORACLE

[ORACLE関数] 数値の切捨て、切上げ、四捨五入を行う(TRUNC、ROUND、CEIL)

数値の切捨て、四捨五入、切上げのサンプルです。 切捨てを行う 切捨てはTRUNC関数を使用します。 【構文】 TRUNC ...
ORACLE

[SQL*Plus] バインド変数を表示する(print)

バインド変数を表示するには、printを使用します。 構文 (構文) print <バインド変数> サンプル 例)バイン ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域にデータファイルを追加する

表領域にデータファイルを追加するSQLです。 構文 例)表領域にデータファイルを追加するSQL [crayon-5e31 ...

スポンサーリンク