ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 実行したSQLの処理対象が存在するかどうかを取得する(SQL%FOUND, SQL%NOTFOUND)

投稿日:

直前に実行したSQL(DML)の処理対象が存在するかどうかを取得するには、
SQL%FOUND、SQL%NOTFOUND を使用します。

サンプル

例)直前に実行したUPDATE文の処理対象があるかどうか判定する

SQL%FOUND は処理対象が存在する場合にTRUEを返します。

サンプル

例)直前に実行したUPDATE文の処理対象が無いかどうか判定する

SQL%FOUND は処理対象が存在しない場合にTRUEを返します。

備考

  • SQL文(SELECT)だけでなく、DML文(UPDATE、INSERT、DELETE)でも使用できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク