ORACLE機能 PL/SQL

[SQL*Plus] 自動コミットを設定する(set autocommit)

投稿日:

自動コミットを設定するには、「autocommit」システム変数を使用します。

構文

(表示構文)
show autocommit
(設定構文)
set autocommit [on | off]

サンプル

例)自動コミットをオンにする

サンプル
SQL> set autocommit on

メモ

  • autocommitをオンにすると、INSERTやUPDATE文を実行した時点で即コミットされます。
  • 通常の使用ではオンにすることはおすすめしません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました ...
ORACLE

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。 サンプル 例)プロシージャ「p_test」のソースを確認す ...
ORACLE

[PL/SQL] 配列(VARRAY)を生成する

配列(VARRAY)を生成するサンプルです。 サンプル 例)配列(VARRAY)を初期化・値セット・値取出しを行うサンプ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムア ...
ORACLE

[SQL*Plus] バッファをクリアする

バッファをクリアするには、clear sqlを使用します。 サンプル 例)バッファのクリア前確認・クリア・クリア後確認を ...

スポンサーリンク