ORACLE操作

[ORACLE] オラクルをシャットダウンする(shutdown)

投稿日:2020年3月31日 更新日:

オラクルをシャットダウンするには、shutdownコマンドを使用します。

シャットダウンコマンド

shutdownコマンドには4種類のオプションを指定できます。

【shutdownコマンドの種類】
コマンド説明
shutdown [normal]すべてのセッションが切断されるまで待った後にシャットダウンする
※オプションを省略した場合は、これになります。
shutdown immediate現在のトランザクションが終了後にセッションを切断してシャットダウンする
shutdown transactional現在のトランザクションをロールバック後にセッションを切断してシャットダウンする
shutdown abort即時強制シャットダウンする
(状況により次回起動時にリカバリをする必要があります)

実行手順

シャットダウンをするには以下の手順で行います。

①ORACLE_SID環境変数にシャットダウンしたいデータベースのSIDを設定する

SET ORACLE_SID=HOGEDB

SIDがHOGEDBの例です

②sysユーザでログインする

sqlplus sys/chage_on_install as sysdba

パスワードは環境に合わせて読み替えてください。 as sysdbaで接続します。

③シャットダウンコマンドを実行する

shutdown normal

実行するシャットダウンコマンドは状況により使い分けてください。

これでオラクルがシャットダウンできます。

サンプル

例)normalでシャットダウンする

実行例
C:¥>set ORACLE_SID=HOGEDB C:¥>sqlplus sys/chage_on_install as sysdba SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 火 1月 28 15:34:21 2020 Copyright (c) 1982, 2016, Oracle. All rights reserved. Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production に接続されました。 SQL> shutdown データベースがクローズされました。 データベースがディスマウントされました。 ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。 SQL>

解説

  • シャットダウンコマンドの実行は慎重に行ってください。
    (特に本番環境とテスト環境を間違えることが無いようにご注意ください)

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク