ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 数値を通貨表記する

投稿日:

数値を通貨表記するサンプルです。

サンプル

例)数値1234567を通貨表記する

実行例
TO_CHAR(1234567, 'FML999,999,999') --------------------------------------- \1,234,567

解説

  • フォーマットの「FM」を付けないと先頭に空白が出力されてしまいます。
  • フォーマットの「L」はデータベースに設定された通貨記号が表示されます。
  • 設定されている通貨記号は以下SQLで確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] シングルクォーテーションを出力する

オラクルでシングルクォーテーションを出力する方法2パターンです。 SQL文で文字列を出力するには、シングルクォーテーショ ...
ORACLE

[データディクショナリ] 権限の付与状況を表示する

権限の付与状況を表示するには、 XXX_TAB_PRIVSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_TAB_PR ...
ORACLE

[SQL] NULL値が含まれる計算

ORACLEでNULL値を含む計算を行った場合の注意点です。 サンプル 例)100とNULLを足し算する SQL*Plu ...
ORACLE

[PL/SQL] カーソルのOPEN~FETCH処理を行う(明示カーソル)

OPEN~FETCH構文を使ってカーソル処理を行うサンプルです。 このカーソル処理は、明示カーソルと呼びます。 サンプル ...
ORACLE

[ORACLE] ロールに付与されている権限を確認する

ロールに付与されている権限を確認するには、ROLE_SYS_PRIVSを検索すればOKです。 サンプル 例)ロールに付与 ...

スポンサーリンク