ORACLE操作 ORACLE機能 ORAエラー

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

投稿日:

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。

サンプル

例)ora-00942のメッセージを確認する

コマンドプロンプト
SQL> set serveroutput on SQL> exec dbms_output.put_line(sqlerrm(-942)); ORA-00942: 表またはビューが存在しません。 PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

dbms_output.put_lineで出力するには上記のように、
 set serveroutput onを実行しておく必要があります。

解説

  • sqlerrmの引数に ORAエラー番号をマイナス値として指定すると、メッセージを確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能, ORAエラー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] シノニムの参照先オブジェクトを調べる

シノニムの参照先オブジェクトを調べるサンプルSQLです。 サンプル 例)シノニム名「syn01」の参照先を表示する [c ...
ORACLE

[ORACLE] 値が同じならNULLを返す(NULLIF)

値が同じならNULLを返すには、NULLIF関数を使用します。 サンプル 例)値が同じ場合 SQL*Plus SQL&g ...
ORACLE

[PL/SQL] カーソルのOPEN~FETCH処理を行う(明示カーソル)

OPEN~FETCH構文を使ってカーソル処理を行うサンプルです。 このカーソル処理は、明示カーソルと呼びます。 サンプル ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00972: 識別子が長すぎます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00972: 識別子が長すぎます (英語) ORA-00972: ide ...
ORACLE

[ORAエラー] PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。

以下のように表示されます。 (日本語) PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。 (英語) P ...

スポンサーリンク