ORACLE操作

[ORACLE] テーブルに設定されているトリガーを全て有効/無効にする

投稿日:

テーブルに設定されているトリガーを全て有効/無効にする方法です。

テーブルに複数のトリガーが設定されている場合でも、
一括で有効/無効の設定ができて便利です。

サンプル

例)テーブル「T_URIAGE」に設定されているトリガーを全て無効にする

実行例
SQL> ALTER TABLE t_uriage DISABLE ALL TRIGGERS; 表が変更されました。

例)テーブル「T_URIAGE」に設定されているトリガーを全て有効にする

実行例
SQL> ALTER TABLE t_uriage ENABLE ALL TRIGGERS; 表が変更されました。

解説

  • 例えば既にDISABLEになっている状態のものに、DISABLEにする設定を実行してもエラーにはなりません。
  • トリガーを個別に指定して有効/無効の設定を行いたい場合は、以下関連記事をご覧ください。

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク