ORACLE機能 ORAエラー

[ORAエラー] ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

投稿日:

以下のように表示されます。

(日本語)
ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。
(英語)
ORA-02185: a token other than WORK follows COMMIT

発生パターン

このエラーは以下のような場合に発生します。

  • COMMITの後ろにWORK以外の文字が付いている
エラー例
SQL> commit:; commit: * 行1でエラーが発生しました。: ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

COMMITの後ろに付いている余分なコロンを取ればOKです。

対処法

  • COMMITの後ろには、WORK以外の単語は指定しない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORAエラー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] コンソールに文字列を出力する(prompt)

コンソールに文字列を出力するには、promptを使用します。 構文 (構文) prompt <文字> サンプル 例1)コ ...
ORACLE

[ORACLE] 数値文字列を正しくソートする

数値文字列を正しくソートする方法です。 以下のテーブルをサンプルとします。 【M_SHAIN】 IDNAME 1鈴木 2 ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 正しい日付文字列かどうかチェックするFunction

引数に渡された値が正しい日付文字列かどうかを判定するFUNCTIONです。 サンプルソース 例)値がYYYYMMDD形式 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列から正規表現に合致した箇所を取り出す(REGEXP_SUBSTR)

文字列から正規表現に合致した箇所を取り出すには、REGEXP_SUBSTR関数を使用します。 構文 (REGEXP_SU ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルを削除する(DROP TABLE)

テーブルを削除するには、DROP TABLE文を使用します。 構文 (テーブルを削除する) DROP TABLE <テー ...

スポンサーリンク