SQL*Loader

[SQL*Loader] 実行結果の戻り値を取得する

投稿日:

SQL*Loaderの実行結果の戻り値を取得する方法です。

方法

SQL*Loaderの実行結果戻り値を取得するには、 sqlldrコマンドを実行した直後に 「%errorlevel%」 値を取得すればOKです。

サンプル

例)SQL*Loderの実行結果の戻り値を取得する

実行例
C:¥>sqlldr usr01/usr01@db01 control=c:¥syohin.ctl set exit_value=%errorlevel% echo %exit_value% 0

戻り値をexit_valueにセットして表示している例です

SQL*Loaderの戻り値

戻り値は数値で返ります。意味は以下の通りです。

【SQL*Loaderの戻り値】
戻り値意味
0正常終了
1コマンド、制御ファイルの不正
2一部データのロードに失敗
※内容はbadファイルに出力
3OS関連のエラー(UNIX系OSの場合)
4OS関連のエラー(Windows系OSの場合)

解説

  • %errorlevel%の値は、sqlldr実行直後でないと正しい値は取れないのでご注意ください。
    (%errorlevel%は直前に実行したコマンドの戻り値が入るためです。)
  • 戻り値に0以外が返った場合は何かしらの問題が発生していますので、戻り値の値をもとに対応が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SQL*Loader

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク