動的パフォーマンスビュー

[V$表] データベースに関する情報を取得する(V$DATABASE)

投稿日:

データベースに関する情報を参照するには、V$DATABASEビューを参照します。

V$DATABASEの定義

V$DATABASEの定義です。

【V$DATABASE】
列名メモ
DBIDNUMBERデータベース識別子
NAMEVARCHAR2(9)データベース名
CREATEDDATEデータベース作成日
RESETLOGS_CHANGE#NUMBERオープン・リセットログでのシステム変更番号(SCN)
RESETLOGS_TIMEDATEオープン・リセットログのタイムスタンプ
PRIOR_RESETLOGS_CHANGE#NUMBER以前のリセットログでのSCN
PRIOR_RESETLOGS_TIMEDATE以前のリセットログのタイムスタンプ
LOG_MODEVARCHAR2(12)アーカイブ・ログ・モード(NOARCHIVELOG/ARCHIVELOG/MANUAL)
CHECKPOINT_CHANGE#NUMBER前回チェックポイントされたSCN
ARCHIVE_CHANGE#NUMBERデータベースでアーカイブが強制されるSCN
CONTROLFILE_TYPEVARCHAR2(7)制御ファイルのタイプ
CONTROLFILE_CREATEDDATE制御ファイルの作成日
CONTROLFILE_SEQUENCE#NUMBER制御ファイル順序番号
CONTROLFILE_CHANGE#NUMBERバックアップ制御ファイル内の最後のSCN
CONTROLFILE_TIMEDATEバックアップ制御ファイル内の最後のタイムスタンプ
OPEN_RESETLOGSVARCHAR2(11)次のデータベースのオープン時にRESETLOGSオプションが許可されるかどうか
VERSION_TIMEDATEバージョン・タイム
OPEN_MODEVARCHAR2(20)オープン・モード情報
PROTECTION_MODEVARCHAR2(20)データベースに対して現在有効な保護モード
PROTECTION_LEVELVARCHAR2(20)データベースに対して現在有効な集計保護モード
REMOTE_ARCHIVEVARCHAR2(8)REMOTE_ARCHIVE_ENABLE初期化パラメータの値
ACTIVATION#NUMBERデータベース・インスタンス化に割り当てられた番号
SWITCHOVER#NUMBERデータベース・スイッチオーバーに割り当てられた番号
DATABASE_ROLEVARCHAR2(16)データベースの現在のロール
ARCHIVELOG_CHANGE#NUMBERアーカイブ・ログの最大NEXT_CHANGE#
ARCHIVELOG_COMPRESSIONVARCHAR2(8)アーカイブ・ログ圧縮の状態
SWITCHOVER_STATUSVARCHAR2(20)スイッチオーバーが可能かどうか
DATAGUARD_BROKERVARCHAR2(8)Data Guard Brokerの情報
GUARD_STATUSVARCHAR2(7)データの変更禁止状態
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_MINVARCHAR2(8)LogMinerに、連鎖行と様々な記憶域配置(クラスタ表など)のサポートに十分な情報が含まれるようにする
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_PKVARCHAR2(3)主キーを持つすべての表について、更新が実行されるたびに、すべての主キー列がREDOログに書き込まれるかどうか(YES | NO)
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_UIVARCHAR2(3)一意キーを持つすべての表について、一意キー列のいずれかが変更されるたびに、その一意キーに属する他のすべての列がREDOログに書き込まれるかどうか(YES | NO)
FORCE_LOGGINGVARCHAR2(3)データベースが強制ロギング・モードになっているかどうか(YES | NO)
PLATFORM_IDNUMBERデータベースのプラットフォーム識別子番号
PLATFORM_NAMEVARCHAR2(101)データベースのプラットフォーム名
RECOVERY_TARGET_INCARNATION#NUMBERすべてのデータ・ファイルがRECOVER DATABASEコマンドによってリカバリされるインカネーション番号
LAST_OPEN_INCARNATION#NUMBER最後に正常にオープンされたV$DATABASE_INCARNATION内のインカネーションのレコード番号
CURRENT_SCNNUMBER現在のSCN
FLASHBACK_ONVARCHAR2(18)フラッシュバック状態(YES|NO)
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_FKVARCHAR2(3)外部キーを持つすべての表について、外部キー列のいずれかが変更されるたびに、その外部キーに属する他のすべての列が、REDOログに書き込まれるかどうか(YES|NO)
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_ALLVARCHAR2(3)すべての列についてその行のすべての固定長最大サイズ列がREDOログに書き込まれるかどうか(YES|NO)
DB_UNIQUE_NAMEVARCHAR2(30)一意のデータベース名
STANDBY_BECAME_PRIMARY_SCNNUMBERフィジカル・スタンバイ・データベースが、プライマリ・データベースに変換された時点のSCN
FS_FAILOVER_STATUSVARCHAR2(22)ファスト・スタート・フェイルオーバーの状態
FS_FAILOVER_CURRENT_TARGETVARCHAR2(30)Data Guard構成の現在のFSFOターゲット・スタンバイであるスタンバイのDB_UNIQUE_NAME
FS_FAILOVER_THRESHOLDNUMBERターゲット・スタンバイとのFSFOを試みる前に、オブザーバが切断されたプライマリとの再接続を試みる時間(秒)
FS_FAILOVER_OBSERVER_PRESENTVARCHAR2(7)オブザーバが現在ローカル・データベースに接続されているか(YES)、接続されていないか(NO)を示す。
FS_FAILOVER_OBSERVER_HOSTVARCHAR2(512)現在オブザーバ・プロセスをホストしているマシンの名前
CONTROLFILE_CONVERTEDVARCHAR2(3)リストア中に制御ファイルが暗黙的に元のタイプに変換されたかどうか(YES|NO)
PRIMARY_DB_UNIQUE_NAMEVARCHAR2(30)
SUPPLEMENTAL_LOG_DATA_PLVARCHAR2(3)
MIN_REQUIRED_CAPTURE_CHANGE#NUMBER
CDBVARCHAR2(3)
CON_IDNUMBER
PENDING_ROLE_CHANGE_TASKSVARCHAR2(512)
CON_DBIDNUMBER
FORCE_FULL_DB_CACHINGVARCHAR2(3)

参考:ORACLEサイト「OracleDatabaseリファレンス V$DATABASE」

サンプル

V$DATABASEを検索するサンプルです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-動的パフォーマンスビュー

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク